YOASOBI綾瀬の首のタトゥーは本物?腕や指にも入れている理由は?

YOASOBIの綾瀬さんは、その音楽だけでなく、独特なタトゥーでも注目を集めています。2022年頃からタトゥーを入れ始めた綾瀬さんは、SNSでその姿を公開し、多くのファンの関心を引きました。特に首のタトゥーは2023年に新たに加わったもので、そのデザインや意味について多くの人々が興味を持っています。本記事では、YOASOBI綾瀬さんのタトゥーが本物である可能性や、それぞれのタトゥーに込められた意味について詳しく探っていきます。

YOASOBI綾瀬のタトゥーは本物?

YOASOBIの綾瀬さんの首のタトゥーは本物である可能性が高いです。綾瀬さんは2022年頃からタトゥーを入れ始め、SNSでその姿を公開し話題となりました。特に首のタトゥーは2023年に新たに加わったもので、長期間にわたって消えずに残っていることから、本物であると考えられています。タトゥーにはいくつかの種類がありますが、ヘナタトゥーやシールタトゥーは短期間で消えるのに対し、綾瀬さんのタトゥーは長期間にわたって確認されているため本物のタトゥーといえるでしょう。

YOASOBI綾瀬のタトゥーの意味は?

綾瀬さんのタトゥーには、スペイン語の文字や蛇、龍などが含まれており、それぞれに特別な意味が込められています。例えば、首のタトゥーには太陽や植物のデザインがあり、これには「再生」や「繁栄」といった意味があるそうです。では、他の部位のタトゥーの意味についても調べてみました。

①耳の下

2021年に初めて確認されたAyaseさんのタトゥーは、左首の耳の下に位置しています。そこにはスペイン語で「avaricia(アヴァリシア)」と彫られており、これは七つの大罪の一つである「強欲」や「貪欲」を意味します。

②左腕

初期に彫られたとされるのが、左腕にある蛇のタトゥーです。蛇のタトゥーには「再生」「繁栄」「永遠」「霊性」といった意味が込められています。蛇は開運の神様としても知られ、特に金運や財運をもたらすとされています。

③右腕

右腕には、龍をモチーフにしたタトゥーが彫られています。この龍のタトゥーには、「王者」「神力」「守護」「立身」といった意味が込められており、力強さと神秘性を象徴しています。龍は古来より、強大な力と守護の象徴として崇められてきました。

④右手の指

右手の指に刻まれたタトゥーは、Ayaseさんがかつて所属していた山口県発祥のバンド名に由来。Ayaseさんは2012年から2020年まで『Davinci』というバンドでボーカルを務めており、そのバンド名の子音部分『DINC』を指にタトゥーとして刻んでいます。16歳から『Davinci』で活動していたAyaseさんにとって、このバンドは音楽の原点であり、特別な思い出が詰まっているのでしょう。彼はその思いを体に刻むことで、いつまでも大切にしているのかもしれません。

⑤首の中心

2023年に新たに確認されたタトゥーは、首の中心に彫られた太陽のデザインと、その左右対称に配置された植物のようなタトゥーです。植物のデザインは肩の辺りまで繋がっているようで、服を着ていると全体像は見えにくいかもしれません。太陽のタトゥーは「生命力」「勇気」「勝利」「情熱」などを象徴しています。首の横に広がるタトゥーには、花びらや葉っぱのようなデザインが見られますが、具体的にどの植物かは特定できませんでした。これらのタトゥーは、Ayaseさんの個性とメッセージを強く表現しているように感じられます。

最後に

YOASOBI綾瀬さんのタトゥーは、彼の個性やメッセージを強く表現する手段として、多くのファンに影響を与えています。それぞれのタトゥーには深い意味が込められており、彼の人生や信念を反映しています。これからも綾瀬さんの音楽とともに、そのタトゥーがどのように進化していくのか注目していきたいですね。